日大三島打線は終盤に意地を見せた。七回1死から3安打し2得点。八回は野口の右翼への2ランが出て、最終回は主将長尾の適時打などで4得点した。だが、序盤の大量失点が重くのしかかり、反撃は実らなかった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)