1発目よりも豪快にストレートをしばき上げた。これぞ、東海大相模が誇る4番森下の打球だ。八回1死二塁、観客の耳をつんざくような快音を残した白球が、左翼席上段で大きく弾んだ。  「理想はライナー。バット...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)