ふいに、子どもの頃に見た光景が頭に浮かんだ。七回の攻撃。上原龍真人の適時打で6点差に詰め、なお無死二、三塁。「お父さんもこんな気持ちだったのかな」。そう思ったら、ずきずき痛んだ左手首が気にならなくな...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)