六回を終えて7点差。明和県央は得点しなければコールド負けが決まる土壇場の七回に真骨頂の粘りを見せた。先頭平田祥也が冷静に四球を選び、兵藤良太が右前打で続いて無死一、二塁。五回の守備から出場した上原龍...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)