県出身や県関係の団体に所属する日本代表の選手15人が26日、県のトップアスリート支援事業の認定を受けた。県民や企業の募金による「元気とやまスポーツ応援基金」で県が選手の強化活動を助成。選手たちは、県...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)