これぞ、代打職人の真骨頂だ。1点を勝ち越された直後の七回、仕事の時がやってきた。一死二、三塁の場面で「代打・矢野」が登場した。カウントは1―2。「タイミングだけをしっかり取って」と、唐川の投じたカー...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)