ホームランボールを拾ったファンは興奮していた。「途中で打球を見失って、気付いたら後ろに落ちていました」。八回、大谷の打球は高々と上がり、右翼席の向こう側に消えた。チームの「顔」が推定140メートルの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)