満を持して先発した明豊のエース橋詰開斗(3年)が圧巻の投球を見せた。今夏の登板回数はわずか2。だが決勝の大舞台で、緩急をうまく使った投球を続け、強打の大分商打線を翻弄(ほんろう)した。チームの勝利に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)