「最高の準備をして負けた。実力不足」。藤枝明誠に計18安打を浴びた静岡のエース池谷は、敗戦の責任を一身に背負った。  選抜大会以降、さらに球質を磨いて迎えた最後の夏。力を込めた直球は、無情にも打ち返...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)