15年ぶりの決勝にあとアウト一つと迫った浜松商に、非情な結末が待っていた。2点リードの十四回2死一、二塁から3連打を浴び日大三島にサヨナラ負け。2年連続で準決勝の壁に阻まれた。  左腕中山がマウンド...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)