勝負どころで持ち味を取り戻した。藤枝明誠の主戦久保田は四回までに10安打で6失点したが、追い付いた五回以降は「低めに投げることだけを意識した」と3安打無失点に抑えた。  静岡打線を揺さぶるための内角...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)