久留米商-筑陽学園の一戦は、降雨コールドとなった24日の試合で九回2死から追いついた久留米商が、前日の勢いを持続していた。初回、先制本塁打を放った久留米商の井上絢登選手(3年)は「初回から全力で行こ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)