釧路の地で、背番号33が躍動した。大田が左ふくらはぎに張りを感じた6日・西武戦以来となる先発出場。スコアボードには「6番・左翼」で名前を連ねた。  1打席目から大田らしさを見せる。一、二塁間へ放っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)