壮絶な首位争いをしている東北楽天。勝負の夏、7週連続6連戦という過酷な日程を乗り切るために必要なのは、投手陣の総合力。先発の枚数も含め、勝ちパターンの投手が登板過多にならないように、中継ぎ陣の層の厚...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)