第99回全国高校野球選手権宮崎大会は23日、ノーシードの聖心ウルスラの12年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。49校が熱い戦いを繰り広げた14日間を振り返る。  聖心ウルスラは投打がかみ合った。2年生...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)