ものすごく地味なヒットが2本続いた。23日の西武16回戦(埼玉・メットライフドーム)、4回表の攻撃だ。2死三塁から、埼玉出身の太田賢吾選手がボテボテの内野安打。つづく黒羽根利規選手がピッチャー強襲の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)