連覇を掛けた最後の夏。準優勝のメダルを胸に、佐久長聖のエース塩沢太規投手(三年)はベンチで泣き崩れた。  緊迫した投手戦が予想された決勝は、試合開始直後に様相が変わった。今大会、完投した三試合で3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)