1点リードされた七回1死二、三塁のピンチで登板した。  前日完投し、ここまで試合をつくってきた一年生左腕・和田朋也投手に「頼みます」と託されたマウンド。背番号「1」のプライドにかけて抑える-そんな思...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)