「疲れはなかったが、制球が定まらなかった」。春夏連続の甲子園出場を目指した東海大市原望洋のエース金久保優斗投手(三年)は試合後にそう話し、この日のマウンドを悔やんだ。  140キロ半ばの直球が武器...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)