夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権群馬大会は24日、上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合が行われ、ベスト4が出そろった。明和県央は1983年の創部以来、初の準決勝進出。前橋育英は2年連続、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)