1979年の第61回大会以来、38年ぶりの甲子園出場を懸けて、24日の決勝に臨んだ久慈。盛岡市の岩手県営球場の三塁側スタンドでは、地元・久慈市から同校の全校生徒や保護者、卒業生が多数駆け付け、声をか...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)