三味線など伝統音楽の演奏を楽譜にする「自動採譜装置」で作製した譜面の演奏を披露する公開授業が24日、八戸工業大学(長谷川明学長)で開かれた。小坂谷壽一・同大大学院教授が開発した同装置を使って楽譜化し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)