白糠町の夏の風物詩「海中みこし渡御」が7月23日、白糠漁港横の前浜で行われた。33年ぶりに新調したみこしを抱えた約50人の担ぎ手たちが太平洋の荒波の中を勇壮に練り歩き、漁業の発展と海の安全を祈願した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)