二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの開幕まで二十四日で三年となり、大会の準備が本格化しつつある。新しく造る恒久的な競技施設の工事は予定通り進むが、輸送面を支えるハードには遅れの懸念も。一兆円を超す開...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)