初戦の北陵戦から5戦目。激戦をしのいできた鳥栖の亀川嘉輝は、得意のスライダーを武器に我慢の投球で味方の援護を待ったが、6回5失点で降板。「回が進むにつれ、プレッシャーや疲れで球が伸びなくなった」と肩...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)