インターハイの舞台に「常連」が帰ってきた。バスケットボール男子の能代工は、2年ぶりの出場。昨年は全県総体の連覇が47で止まって出場を逃し、今年も準決勝まで薄氷を踏むような試合が続いた。しかし決勝では...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)