2020年東京五輪の開幕まで24日であと3年となった。大分県内の自治体では、五輪・パラリンピックを見据え、事前キャンプの誘致が活発化してきた。県と各市は過去の交流実績などで交渉する国や競技を絞り込ん...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)