相手の校歌が響き終わり、グラウンドで一斉に泣き崩れる選手たちを、ベーグ昇太ハッサンアリー主将(三年)は一人ずつ抱き起こした。「ベンチを出てから泣こう」。二十二年ぶりの夏の甲子園出場を目指した古豪の夢...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)