【ロンドン共同】パラ陸上の世界選手権最終日は23日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー(切断など)で、日本(芦田、佐藤、多川、池田)は44秒20で4番目にゴールしたが、トップの米国の失格で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)