【ライプチヒ(ドイツ)共同】23日にドイツのライプチヒで行われたフェンシングの世界選手権男子フルーレ個人で、20歳の西藤俊哉(法大)が銀メダル、19歳の敷根崇裕(法大)が銅メダルを獲得した。  日...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)