【ライプチヒ(ドイツ)共同】フェンシングの世界選手権第5日は23日、ドイツのライプチヒで個人2種目の本戦が行われ、男子フルーレで敷根崇裕、西藤俊哉(ともに法大)がいずれも準決勝に進出し、そろって銅...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)