沖縄県が沖縄伝統空手・古武道の継承と振興を目的に実施した初の実態調査で、沖縄が空手発祥の地であることを知らないのは県外で65・5%に上った。後継者不足や空手のみで生活できる人も少ないなど県内での課題...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)