昨夏の決勝と同じカードとなった木更津総合戦。背番号「5」の4番打者は最後の打者が併殺打に倒れるのを見届けると、ベンチでうつむき、左手でそっとまぶたをこすった。「今年こそ甲子園に行きたかった」  二年...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)