いわき光洋のエース大谷優人(3年)はサヨナラに沸く球場の中心で、打球が転がった先を静かに見つめていた。9回裏1死満塁、自信を持って投げた直球は中堅後方へ。ボールの行方を数秒眺めた後、両ひざを地面につ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)