序盤、向上の平田隆康監督(42)は「ちょっと嫌だなあ」と思っていた。三回まで毎回安打も無得点。緩い変化球に、はまりかけていた。  0-0の四回無死から先頭が出た。定石は犠打だが強攻した。結局2死から...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)