冷静な試合運びでコツコツと得点を積み上げた舞鶴が日田林工を破って26年ぶりの4強入りを果たした。花田修監督は「気持ちの高まりを抑え、いつも通りにプレーしてくれた」とたたえた。  160球超えの熱投か...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)