「二人のけがが治るまで勝ち続け、復帰を待ちたい」。一回、1死一塁、打席に立った滋賀学園の後藤克基捕手(三年)は、高めの直球を振り抜いた。願いを乗せた打球は、中越えの先制2点本塁打となった。  今大...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)