じりじりと点差が開く展開。七回に1点を失った直後、内野陣がマウンドに駆け寄った。桑田拓人捕手(三年)が「とりあえず、思いっきりやろうや」と言うと、高階潤投手(三年)は落ち着きを取り戻し「思いっきり行...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)