延長十回裏2死二塁。一打サヨナラのピンチで迎えたのは、昨年の秋季大会で本塁打を打たれた浦和学院の4番・蛭間拓哉選手。何とか2ストライクまで追い込んでから、「フッ」と息を吐いて意を決した。  勝負球は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)