夏の高校野球千葉大会は二十一日、3球場で5回戦8試合があり、8強が出そろった。県野球場では春の選抜に出場した東海大市原望洋が、Bシードの千葉明徳を7-2で破った。  東海大市原望洋は一回裏、藤本誠啓...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)