愛媛県内の住民11人が四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請で、松山地裁の久保井恵子裁判長は21日、「新規制基準による地震動の評価や火山の影響評価が不合理であるとは言えない」などとし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)