東北楽天打線は六回に3点を先取した。勝ち試合の展開に持ち込んだかに見えたが、八回に同点とされると、延長で勝ち越せずに終わった。  相手投手が先発吉田から2番手谷元に代わった六回、先頭銀次が右翼線二塁...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)