7回無失点と好投した東北楽天の先発塩見は「(5回4失点だった9日西武戦での)前回登板と比べたら、制球と直球の切れも、変化球の精度も良かった」と振り返った。  一回は2安打などで2死一、二塁とされたも...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)