5月の連休明け、南部龍神の主将吉川輝樹(17)は外野から捕手に転向した。中学までは捕手だったが、昨夏には外野として大会に出場していたこともあり「最初は戸惑い、悩んだ」。それでも実戦で捕手を務めるのは...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)