甲子園出場経験のある強豪海星を相手に圧巻の投球を見せた。四日市のエース高橋祐太投手(三年)は11回135球を投げ、1点に抑えた。「最後まで投げきれず悔しいが、思い通りの投球はできた」と振り返った。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)