猛暑の中で行われている全国高校野球選手権群馬大会で、熱中症とみられる症状で倒れる選手が相次いでいる。大間々-高崎商戦では大間々の2人が脚をつり、試合続行が危ぶまれる事態になった。球場から救急搬送され...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)