奥州市胆沢区にある「奥州いさわカヌー競技場」で8月5、6の両日、国内外の選手が参加するジャパンカップが初めて開かれる。豊富な水量と高低差の大きい難コースは、競技関係者の間で評判だ。市は、2020年の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)