昨秋までレギュラー争いをしていた選手が、チームのために自らの夢を断念した。チームを統括するマネジャー「主務」となった大宮東の岩城凱士(かつし)さん。「自分を犠牲にしてでも、甲子園のために仲間を支える...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)