東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)を運営する日本フットボールヴィレッジは18日、施設の新たなロゴマークを発表した。2018年夏の一部再開、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)