コールド負けの結末に、エースの涙は止まらなかった。二回途中から登板し、5失点を喫した宇治山田商の宮原大樹投手(三年)。最速143キロの直球が武器の好投手は早くも大会を去った。  エースナンバーを背...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)